個人で作るべき印鑑とは

個人として必要な印鑑って?

日本で生活していると,さまざまな場面で必要になる印鑑ですが,具体的にはどのような印鑑が必要なのでしょうか。一般的に言って個人であれば実印と銀行印そして認印の三種類の印鑑を準備しておけば問題ありません。といってもお店に行っても「実印」や「銀行印」という名前の商品を売っているわけではありません。実印・銀行印・認印の違いは,印鑑の形状や作りの違いではなく用途の違いを指しています。

実印・銀行印・認印の違いって?

実印とは自分が住民登録をしている自治体の役所で登録した印鑑のことです。この印鑑は確かにこの人のものですという役所のお墨付きが付いた印鑑というわけです。官公庁での書類作成時や車の購入などの契約時に必要になる,非常に重要な印鑑です。セキュリティーの面から,なるべく複雑な方が良いとされ,名字か名前どちらだけよりはフルネームのほうがオススメです。次に銀行印ですが、これは口座開設時など銀行の各種手続きに際して使う印鑑のことです。金銭を管理する上で重要なのでほかの印鑑とは別に「銀行印」として管理するのが一般的です。リスクを避けるため,印鑑作成店舗の実印との併用は避けることが好ましいようです。また実印・銀行印ともに,家族で共有するのは避けたほうが安全です。認印とは,上の印鑑登録もしていない銀行での手続きにも使用していない印鑑のことを指し、生活のいろいろな場面で使用します。認印と言っても捺印したら一定の責任が発生しますのでご注意ください。